片頭痛とは何か?

片頭痛とは、頭痛の一種でありながら原因がはっきりしない、けれども慢性頭痛に分類される厄介な症状です。慢性頭痛には片頭痛のほか、緊張性型頭痛と群発頭痛があります。

日本人の中で片頭痛に悩んでいる15歳以上の人は人口の8.4%、約840万人と推測されています。さらに片頭痛は女性に起こりやすく、その数は男性の4倍多いとされています。

片頭痛の特徴は、個人差があるもののほとんどがその痛みによって生活に支障が出てしまうほどの痛みです。日本頭痛学会では、「片頭痛は頭痛発作を繰り返し、発作は4~72時間継続する。

頭の片側に起こり、拍動性(ズキズキする)の頭痛で、中等~重度の強さがあり、日常的な動作により頭痛が悪化することが特徴。これに伴う症状として、悪心や光過敏・音過敏を伴う」としています。

片頭痛はなぜ起こるのでしょうか?

残念ながら、その仕組みについてはいといろと研究がなされていますが現時点では正確なところは不明となっています。定かではないながらも、最も有力な説は「三叉神経血管説」というものがあります。

三叉というのは頭の血管を取り巻く神経で、何らかの刺激によりこの三叉から正体不明の物体が放出。

血管を拡張させて炎症を引き起こす一方、この刺激によって興奮が脳に伝えられた結果、吐き気や頭痛が引き起こされるのではないかというのです。

すでにこの仕組みについてはセトロニンという神経伝達物質の受け皿となるセトロニン受容体が関係していることが、トリプタンという薬の効果から導き出されいています。

片頭痛といっても、必ずしも頭の片方だけが痛むのではありません。片頭痛の4割は頭の両側に痛みを感じるといわれています。

あまりにもひどい頭痛が続くようであれば、一度受診してみることをお勧めします。片頭痛の確定検査はありませんが、頭痛により原因となってる他の病気が隠れている場合があるからです。